8月10日(月) | 五輪2丁目12−76

舞台スタッフ・ラボ2020 オープン講座 『10-BOX再開後初の有観客公演をふりかえる』

新型コロナウィルス感染症の影響で5月末まで休館していたせんだい演劇工房10-BOX、また宮城野区文化センターなど、施設再開後、有観客公演を振り返ります。HAL PLANNINGも、音楽のある新しい生活様式の公演の実施報告として参加致します。演劇、クラシック音楽、様々な立場のスタッフが、その感染予防策の実際や現場で見えた課題などを報告するとともに、今後、施設利用の上、イベントの実施を検討している方に向けた一般の方々へも公開の講座とのことです。
お申し込みの受付は終了しました。
舞台スタッフ・ラボ2020 オープン講座 『10-BOX再開後初の有観客公演をふりかえる』

日時・場所

2020年8月10日 14:00
五輪2丁目12−76, 日本、〒983-0842 宮城県仙台市宮城野区五輪2丁目12−76 仙台市宮城野区文化センター

イベントについて

せんだい演劇工房10-BOXの主催される

舞台スタッフ・ラボ2020 オープン講座 『10-BOX再開後初の有観客公演をふりかえる』

に、HAL PLANNINGが、話し手として参加致します。

スタッフさん、同業者さん、あるいはお客様、演奏家、

どなたでも。一般に公開された講座とのことです。

当日も感染対策を準備してのお迎えとなります。

宮城野区文化センターパトナシアターを会場に開催。

音楽のある新しい生活様式の4公演を通じての考察

開催までの葛藤、検討事項などをお話します。

詳細とお申込はこちらをご覧ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://www.gekito.jp/?pg=1595552884

※当ページでの参加申し込みは受け付けておりませんので

主催者様までお問合せください。

参加費無料/定員70名(先着・要申し込み)

申込電話(022-782-7510)よりお申し込みください。

このイベントをシェア