top of page
ホール舞台裏.JPG

Ready for concert again​

​音楽のある新しい生活様式

新型コロナウイルスと向き合い続けたこの数年。

元の生活へとの一進一退の中で

ガイドラインを少しずつ見直しながら

音楽をまんなかに、安心して音楽を楽しむ時間を。

っとお手伝いしています。

News

  • ​公演情報追加しました(11/16)

  • 三田評論ONLINEでご紹介いただきました。

ホーム: 概要
ホーム: Events

コンサート情報

  • 宮城野区文化センター室内楽セレクション Music from PaToNa vol.34 つみあげる
    2月08日 19:00
    宮城野区文化センターPaToNaホール, 日本、〒983-0842 宮城県仙台市宮城野区五輪2丁目12−70
    Music from PaToNa9年目のシーズンラストは木管楽器とピアノの室内楽。木管五重奏曲の定番タファネルの五重奏のほかに、JAZZ的な要素をもつプレヴィンの三重奏曲、そして、テュイレ(トゥイレ)のピアノ六重奏曲。
    シェア
  • ROOM#015 伊藤圭の部屋
    2月26日(日)
    仙台中央音楽センターIVy HALL
    2月26日 15:00
    仙台中央音楽センターIVy HALL, 日本、〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4丁目4−10 勅使河原ビル
    大崎耕土の雄大な自然のように彼の音楽はどこまでも大きいと思います。普段は無口なのですが、お話すると、彼の音楽がそうであるように、音楽へのとても熱い気持ちがほとばしっています。ROOM15番目の登場はクラリネットの伊藤圭さん、そして演奏、人柄、きっぷの佳さ、信頼できるピアニストの榊原紀保子さんがご一緒してくださいます。
    シェア
  • イズミノオト 第8回 リヒャルト・シュトラウス 変容ノ前夜
    3月05日(日)
    日立システムズホール仙台シアターホール
    3月05日 15:00
    日立システムズホール仙台シアターホール, 日本、〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ケ丘3丁目27−5
    作曲家の生涯や作品の創作背景を、演奏をとおして紹介していくコンサートシリーズ「イズミノオト」。今年度は、施設の大規模改修に伴う休館のため、会場を日立システムズホール仙台 シアターホールに移して公演を開催いたします。第8回は後期ロマン派を代表するドイツの作曲家、リヒャルト・シュトラウスを紹介します。
    シェア
  • ROOM#016 中井恒仁&武田美和子デュオ DUOの部屋
    3月18日(土)
    仙台中央音楽センターIVy HALL
    3月18日 15:00
    仙台中央音楽センターIVy HALL, 日本、〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4丁目4−10 勅使河原ビル
    日本を代表するピアノデュオとして活躍する中井恒仁&武田美和子DUOがIVy HALLに登場。連弾と2台ピアノで贈るオーケストラ顔負けの迫力のアンサンブル。ピアノデュオの真髄、醍醐味をご堪能下さい。
    シェア
  • 仙台フィルハーモニー管弦楽団チェロセクション全員によるアンサンブル
    3月22日(水)
    日立システムズホール仙台コンサートホール
    3月22日 19:00
    日立システムズホール仙台コンサートホール, 日本、〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ケ丘3丁目27−5
    仙台フィルハーモニー管弦楽団 チェロセクション全員によるアンサンブル 田澤 緑、山本 純 卒団によせて
    シェア
  • 西沢澄博オーボエリサイタル
    3月23日(木)
    宮城野区文化センターPaToNaホール
    3月23日 19:00
    宮城野区文化センターPaToNaホール, 日本、〒983-0842 宮城県仙台市宮城野区五輪2丁目12−70
    仙台フィルハーモニー管弦楽団オーボエ首席奏者西沢澄博、入団20年を記念しての待望のリサイタル。新曲委嘱初演なども予定。
    シェア
  • RooM#017 練木繁夫・藤原浜雄・毛利伯郎 THE SUPER TRIOⅢ
    4月02日(日)
    仙台中央音楽センター/IVy HALL
    4月02日 15:00
    仙台中央音楽センター/IVy HALL, 日本、〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4丁目4−10 勅使河原ビル
    今年も夢のTHE SUPER TRIO来仙!名曲を名人による名演で聴く喜び。 日本の音楽会を牽引するこのお三方は、若き頃からの盟友同志。 多くの若き奏者を輩出する名教師でもあり、名演奏家であり続けるその背中は、多くの音楽家たちからの憧れでもあります。 アンサンブルの粋を知り尽くしながらも、なお、楽しみ、深め、追求する エネルギーに充ち溢れたこの時間をぜひIVy HALLで!
    シェア
ホーム: Video
20200317-0168_edited.jpg

​HAL PLANNING

​音楽がまんなか

コンサート、音楽祭には

「企画制作」という仕事があります。

演奏家のアイディアを

形にしていくサポートや、

しくみづくり、わくぐみづくり

ホールとお客様と音楽家を結ぶための基礎を作ります。

「楽都」といわれる仙台。

音楽家が住みやすい街なのか、

こどもから大人まで、

お客様が音楽に触れやすい街なのか、

考えながら動いています。

クラシック音楽は、400年来のベストヒット音楽。

芸術として残るものは、普遍的なものです。

歴史を敬い、音楽そのものに尊敬を忘れずに、

次の時代まで伝えたい音楽芸術のバトンを繋いで行けたらと思います。

 

勅使河原ビル株式会社 HAL PLANNING

(2021年1月より勅使河原ビル株式会社と合同となりました)

HAL PLANNING 代表 庄司 遥

慶應義塾大学文学部哲学科美学美術史専攻卒。東京藝術大学大学院音楽学部応用音楽学専攻修了。

大学在学中にHAL PLANNING活動開始、代官山ヒルサイドテラスにおけるクラシックコンサートシリーズを企画。

公益財団法人アフィニス文化財団での勤務、英国でのインターン研修を経て独立し、会社法人化。

東京と仙台を拠点に活動を始める。2020年、IVy HALLのオープンとともに仙台に帰郷。

軽井沢国際音楽祭プロデューサー、せんだいクラシックフェスティバル、宮城野区文化センター室内楽セレクション

Music from PaToNa、仙台銀行ホールイズミティ21 コンサートシリーズ イズミノオト等の企画制作を務める。

ホーム: 概要

お問い合わせ

送信が完了しました。

ホーム: お問い合わせ
bottom of page